26-93 成長、発達に伴う身体的変化に関する記述である。


スポンサーリンク

26-93 成長、発達に伴う身体的変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 乳幼児身体発育曲線における50パーセンタイル値は、平均値を示している。
(2) カウプ指数は、{(体重(g)/身長(cm)3}×10で算定される。
(3) 学童期のローレル指数による肥満判定基準は、年齢によらず同じである。
(4) 頭囲が出生時の約1.5倍となるのは、2歳頃である。
(5) 体重が出生時の約3倍になるのは、4歳頃である。


(1) 乳幼児身体発育曲線における50パーセンタイル値は、中央値を示している。
(2) カウプ指数は、{(体重(g)/身長(cm)2}×10で算定される。
(3) 学童期のローレル指数による肥満判定基準は、年齢によらず同じである。
(4) 頭囲が出生時の約1.5倍となるのは、4,5歳頃である。
(5) 体重が出生時の約3倍になるのは、1歳頃である。

問題・解説についてのお問い合わせ