26-104 ストレス応答の抵抗期に関する記述である。


スポンサーリンク

26-104 ストレス応答の抵抗期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 副交感神経の活動は、亢進する。
(2) 尿中窒素排泄量は、減少する。
(3) エネルギー必要量は、増大する。
(4) 血清ビタミンC値は、上昇する。
(5) 血中遊離脂肪酸値は、低下する。

解答・解説を見る

(1) 交感神経の活動は、亢進し、副交感神経の活動は低下する。

(2) 尿中窒素排泄量は、増加する。

(3) エネルギー必要量は、増大する。

(4) 血清ビタミンC値は、低下する。

(5) 血中遊離脂肪酸値は、増加する。

問題・解説についてのお問い合わせ