ホーム » 投稿 » 26-76 遺伝形質と生活習慣病の発症に関する記述である。

26-76 遺伝形質と生活習慣病の発症に関する記述である。

スポンサーリンク


26-76 遺伝形質と生活習慣病の発症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 倹約(節約)遺伝子は、効率よくエネルギーを消費させる仮説の遺伝子である。
(2) 2型糖尿病の発症には、遺伝素因は関わらない。
(3) ヒト遺伝子の塩基配列には、個人差はない。
(4) 肥満の遺伝形質をもつ人でも、肥満の予防は可能である。
(5) 遺伝子の一塩基多型(SNP)は、出生後の食生活の影響によって生じる。

解答・解説を見る

(1) 倹約(節約)遺伝子は、効率よくエネルギーを蓄積させる仮説の遺伝子である。

(2) 2型糖尿病の発症には、遺伝素因は関係する。

(3) ヒト遺伝子の塩基配列には、個人差がある。

(4) 肥満の遺伝形質をもつ人でも、肥満の予防は可能である。

(5) 遺伝子の一塩基多型(SNP)は、出生後の食生活の影響は受けない。生まれながらのもの、先天性の遺伝子異常である。

スポンサーリンク


関連記事