26-102 高齢期の栄養に関する記述である。


スポンサーリンク

26-102 高齢期の栄養に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1) たんぱく質の不足は、褥瘡のリスク因子である。
(2) 高尿酸血症は、変形性膝関節症のリスク因子である。
(3) 認知症は、摂食行動異常の原因となる。
(4) うつ状態は、低栄養のリスク因子である。
(5) 腹筋の緊張低下は、便秘の原因となる。

解答・解説を見る

(1) たんぱく質の不足は、褥瘡のリスク因子である。

(2) 高尿酸血症は、痛風のリスク因子である。

(3) 認知症は、摂食行動異常の原因となる。

(4) うつ状態は、低栄養のリスク因子である。

(5) 腹筋の緊張低下は、便秘の原因となる。

問題・解説についてのお問い合わせ