26-98 幼児期に関する記述である。


スポンサーリンク

26-98 幼児期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) カウプ指数による発育状況判定では、男女差を考慮する。
(2) 原発性(単純性)肥満より、二次性(症候性)肥満が多い。
(3) 体重当たりのエネルギー必要量は、成人より少ない。
(4) 体水分に占める細胞外液量の割合は、成人より高い。
(5) 総エネルギー摂取量の30~40%を間食から摂取する。


(1) カウプ指数による発育状況判定では、男女差はない。
(2)二次性(症候性)肥満 より、原発性(単純性)肥満が多い。
(3) 体重当たりのエネルギー必要量は、成人より多い。
(4) 体水分に占める細胞外液量の割合は、成人より高い。
(5) 総エネルギー摂取量のうち、1~2歳児で10~15%、3~5歳児で15~20%を間食から摂取する。

問題・解説についてのお問い合わせ