先輩の声.08「子供のためにも、家族のためにも、”食を仕事にするのがいいのではないか”と思った…」栄養士・管理栄養士を目指した理由(あきもとさん)


スポンサーリンク



栄養士・管理栄養士を目指した理由


投稿者:あきもとさん

小学校で嘱託職員として働いています。

元々私は普通の大学の文学部を卒業して、就職も結婚もして、子供が生まれた時に、ふと「私はこの先どうなるんだろう?」と思い悩んだ時期がありました。

その時、子供のためにも、家族のためにも、「食を仕事にするのがいいのではないか」と思ったのが栄養士を目指したきっかけです。それに、「食」を仕事にすれば、少なくとも食いっぱぐれることはないというのも理由の一つですね。

この先何があるか分からないし、食べることは好きだし、作ることも好きだったので、そういう道も良いかなと思いました。

その後専門学校を卒業したのですが、子供がいるため決まった時間に働けず、保育園で働き始めました。

ですが、ある日の通勤途中に事故に遭ってしまったんです。時間を掛けて体を治していく必要に迫られました。保育園は休みが短かく、現場作業が多かったということもあり、働き方を変えようと思いました。

怪我が治った後は、今も小学校で働いています。

業務としては、献立の作成やアレルギー表の作成など。

嘱託職員ですが学校に栄養士は私一人しかいないので、正規の職員とやってることはほとんど変わりません。大変な仕事ですが、やりがいがあって毎日楽しく働いています。

 


お問い合わせはこちら



コメント