先輩の声.17「一生食いっぱくれることがない…」栄養士・管理栄養士を目指した理由(ペギさん)



栄養士・管理栄養士を目指した理由


投稿者:ペギさん

 

栄養士を目指した理由の背景として、人が生きていく限り、衣食住に関わる仕事は絶対に無くならないということがありました。

生まれながら食欲旺盛で、食べることへの関心は強かったため、自ずと食に関して学ぼうという気持ちが芽生えていました。

栄養士の資格を取得すればその資格を活かして病院、学校、老人施設などで働くことも可能であるため、一生食いっぱくれることがないことも大きな理由の一つです。

 

現に大学を卒業して約300床ある総合病院に就職しましたが、患者さんへの栄養指導や献立作成、病院食の調理に至るまで多岐の業務をこなさなければならず、大学時代の机上での学習と現実はかなり乖離していましたが、2年、3年と経験を重ねていくうちに要領も得、私の仕事が誰かの役に立っているという体験もし、栄養士になって良かったと思っています。

 


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント