ホーム » 投稿 » 追試25-107 減量を目的に、間食を食べないようにするための具体的な方法と、行動科学の概念や技法に関する組合せである。

追試25-107 減量を目的に、間食を食べないようにするための具体的な方法と、行動科学の概念や技法に関する組合せである。

スポンサーリンク


追試25-107 減量を目的に、間食を食べないようにするための具体的な方法と、行動科学の概念や技法に関する組合せである。正しいのはどれか。

(1) 間食を食べないことを家族に宣言する------自己の開放

(2) 間食は目につくところに置かない--------習慣拮抗法

(3) 間食を食べたくなったら、散歩をする------正の強化

(4) 間食をがまんしたら自分に、ほうびを与える---刺激統制法

(5) ケーキバイキングの誘いを断る練習をする----セルフモニタリング

解答・解説を見る

⑴間食を食べないことを家族に宣言するーーーーーー自己の開放

⑵間食は目につかないところに置かないーーーーーー刺激統制法

刺激統制法は、先行する刺激を調整することで行動の頻度を調整する方法である。

⑶間食を食べたくなったら、散歩をするーーーーーー行動置換

行動置換は、ある問題となる行動を両立しない別の行動に置き換える方法である。

⑷間食をがまんしたら自分に、ほうびを与えるーーーーーーオペラント条件付け

オペラント条件づけとは、自身が行う行動に対し、褒美や罰を与えることにより、行動の調整をするように学習する方法である。

⑸ケーキバイキングの誘いを断る練習をするーーーーーーソーシャルスキルトレーニング

ソーシャルスキルトレーニングは、社会生活の中で、人との関わりを円滑にするためにスキルを身につけるために行う訓練のことである。

スポンサーリンク


コメント

関連記事