コンテンツへスキップ

健康づくりのための睡眠指針 ~快適な睡眠のための7箇条~

    スポンサーリンク


     健康づくりのための睡眠指針 ~快適な睡眠のための7箇条~

    (1) 快適な睡眠でいきいき健康生活

    快適な睡眠で、疲労回復・ストレス解消・事故防止
    睡眠に問題があると、高血圧、心臓病、脳卒中など生活習慣病のリスクが上昇
    快適な睡眠をもたらす生活習慣
     ~定期的な運動習慣は熟睡をもたらす
     ~朝食は心と体のめざめに重要、夜食はごく軽く


    (2) 睡眠は人それぞれ、日中元気はつらつが快適な睡眠のバロメーター

    自分にあった睡眠時間があり、8時間にこだわらない
    寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る
    年齢を重ねると睡眠時間は短くなるのが普通

    (3) 快適な睡眠は、自ら創り出す

    夕食後のカフェイン摂取は寝付きを悪くする
    「睡眠薬代わりの寝酒」は、睡眠の質を悪くする
    不快な音や光を防ぐ環境づくり、自分にあった寝具の工夫
     

    (4) 眠る前に自分なりのリラックス法、眠ろうとする意気込みが頭をさえさせる

    軽い読書、音楽、香り、ストレッチなどでリラックス
    自然に眠たくなってから寝床に就く、眠ろうと意気込むとかえって逆効果
    ぬるめの入浴で寝付き良く
     

    (5) 目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン

    同じ時刻に毎日起床
    早起きが早寝に通じる
    休日に遅くまで寝床で過ごすと、翌日の朝がつらくなる
     

    (6) 午後の眠気をやりすごす

    短い昼寝でリフレッシュ、昼寝をするなら午後3時前の20~30分
    夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響
    長い昼寝はかえってぼんやりのもと

    (7) 睡眠障害は、専門家に相談

    睡眠障害は、「体や心の病気」のサインのことがある
    寝付けない、熟睡感がない、充分眠っても日中の眠気が強い時は要注意
    睡眠中の激しいいびき、足のむずむず感、歯ぎしりも要注意


     この記事は、厚生労働省「健康づくりのための睡眠指針検討会報告書(平成15年3月)」を一部編集して作成されています。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事