コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 37-10 わが国の成人の肥満とメタボリックシンドロームに関する記述である。

37-10 わが国の成人の肥満とメタボリックシンドロームに関する記述である。

37-10 わが国の成人の肥満とメタボリックシンドロームに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 平成 22 年以降の国民健康・栄養調査結果では、肥満者の割合は、男女とも30 歳台にピークがある。

⑵ BMI 35 kg/m2 以上を、高度肥満と定義する。

⑶ メタボリックシンドロームの診断基準では、空腹時血糖値は 100 mg/dL 以上である。

⑷ メタボリックシンドロームの診断基準には、LDL コレステロールが含まれる。

⑸ 特定健康診査・特定保健指導の対象者は、30~74 歳である。

問題引用元:厚生労働省. 『第37回管理栄養士国家試験の問題(午前の部)』(2023) . https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001063776.pdf, (2023年3月10日閲覧)

解答・解説を見る
⑴ 肥満者の割合は、男性では40–49歳女性では60–69歳にピークがある¹。

なお、国民健康・栄養調査ではBMI25kg/㎡以上を肥満と定義している。

⑵ BMI 35 kg/m2 以上を、高度肥満と定義する。

なお、6~14歳においては肥満度50%以上を高度肥満としている。

※肥満度(過体重度)=(実測体重(kg)-身長別標準体重(kg))/身長別標準体重(kg)×100(%)

⑶ メタボリックシンドロームの診断基準では、空腹時血糖値は 110 mg/dL 以上である。

⑷ メタボリックシンドロームの診断基準には、HDL コレステロールが含まれる。

メタボリックシンドロームの診断基準には、高トリグリセライド血症≥ 150mg/dLかつ/または低HDLコレステロール血症< 40mg/dLが含まれる。

⑸ 特定健康診査・特定保健指導の対象者は、40~74 歳である。

(過去の出題)

 

参考文献

  1. 厚生労働省.令和元年度国民健康栄養調査報告.2018.

スポンサーリンク


コメント

関連記事