コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 37-9 循環器疾患の疫学に関する記述である。

37-9 循環器疾患の疫学に関する記述である。

37-9 循環器疾患の疫学に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 高血圧症のリスク因子として、カリウムの過剰摂取がある。

⑵ 脳梗塞のリスク因子として、血清総コレステロールの低値がある。

⑶ 虚血性心疾患のリスク因子として、血清 LDL コレステロールの低値がある。

⑷ 健康日本 21(第二次)では、脳血管疾患・虚血性心疾患のリスク因子として、高血圧、脂質異常症、喫煙、糖尿病を挙げている。

⑸ 最近 10 年間のわが国の虚血性心疾患による年齢調整死亡率は、米国よりも高い。

 

問題引用元:厚生労働省. 『第37回管理栄養士国家試験の問題(午前の部)』(2023) . https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001063776.pdf, (2023年3月6日閲覧)

解答・解説を見る

 

⑴ 高血圧症のリスク因子として、ナトリウムの過剰摂取がある¹。

これまでの研究で、ナトリウム摂取量が増えるほど高血圧のリスクが高まることが報告されている¹。

また、カリウムの摂取は血圧低下に寄与することが報告されている²。

⑵ 脳梗塞のリスク因子として、高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満、心房細動、喫煙、飲酒などがある³。

日本人では、男性において血清コレステロール値が低い者と比べて高い者では脳梗塞発症リスクが高かったことが報告されている⁴。

⑶ 虚血性心疾患のリスク因子として、血清 LDL コレステロールの高値がある。

その他の虚血性心疾患のリスク因子として、喫煙や高血圧がある。

⑷ 健康日本 21(第二次)では、脳血管疾患・虚血性心疾患のリスク因子として、高血圧、脂質異常症、喫煙、糖尿病を挙げている。

⑸ 最近 10 年間のわが国の虚血性心疾患による年齢調整死亡率は、米国よりも低い

図.日本とアメリカの虚血性心疾患により年齢調整死亡率の推移(1990-2020)

 

年齢調整死亡率とは、もし人口構成が基準人口と同じだったら実現されたであろう死亡率で、異なる集団や時点で比較する場合に用いられる⁶。年齢調整死亡率は、以下の式で算出される⁶。

年齢調整死亡率={[観察集団の各年齢(年齢階級)の死亡率]×[基準人口集団のその年齢(年齢階級)の人口]}の各年齢(年齢階級)の総和 / 基準人口集団の総人口
(通例人口10万人当たりで表示)

 

 

参考文献

  1. Filippini, Tommaso et al. “Sodium Intake and Risk of Hypertension: A Systematic Review and Dose-Response Meta-analysis of Observational Cohort Studies.” Current hypertension reports vol. 24,5 (2022): 133-144. doi:10.1007/s11906-022-01182-9
  2. Filippini, Tommaso et al. “Potassium Intake and Blood Pressure: A Dose-Response Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials.” Journal of the American Heart Association vol. 9,12 (2020): e015719. doi:10.1161/JAHA.119.015719
  3. 卜部 貴夫, 脳梗塞の危険因子:最新の話題と管理について, 神経治療学, 2018, 35 巻, 3 号, p. 247-249, 公開日 2018/12/25, Online ISSN 2189-7824, Print ISSN 0916-8443, https://doi.org/10.15082/jsnt.35.3_247, https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnt/35/3/35_247/_article/-char/ja
  4. Cui, Renzhe et al. “High serum total cholesterol levels is a risk factor of ischemic stroke for general Japanese population: the JPHC study.” Atherosclerosis vol. 221,2 (2012): 565-9. doi:10.1016/j.atherosclerosis.2012.01.013
  5. Global Burden of Disease Collaborative Network. Global Burden of Disease Study 2019 (GBD 2019) Results. Seattle, United States: Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME), 2020. Available from https://vizhub.healthdata.org/gbd-results/.
  6. 国立がん研究センター.年齢調整死亡率.2018.https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/qa_words/word/nenreityouseisibouritu.html(2023-03-06閲覧)

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事