コンテンツへスキップ

36-82 栄養アセスメントに関する記述である。

    スポンサーリンク


    36-82 栄養アセスメントに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    ⑴ ウエスト周囲長の測定は、皮下脂肪蓄積量の推定に用いる。

    ⑵ 生体指標は、食事摂取状況を反映しない。

    ⑶ 尿中クレアチニン排泄量は、全身の筋肉量と相関する。

    ⑷ 高張性脱水では、血漿浸透圧が低下している。

    ⑸ 窒素出納が負の時は、体たんぱく質量が増加している。

    解答・解説を見る

     

    ⑴ ウエスト周囲長の測定は、内臓脂肪蓄積量の推定に用いる。

    ⑵ 生体指標は、食事摂取状況を反映する

    例えば、食塩摂取量を反映する尿中ナトリウム排泄量などがある。

    ⑶ 尿中クレアチニン排泄量は、全身の筋肉量と相関する。

    ⑷ 高張性脱水では、血漿浸透圧が上昇している。

    ⑸ 窒素出納が負の時は、体たんぱく質量が低下している。

    窒素出納とは、体内におけるタンパク質の出入りを示したもので、正の窒素出納と、負の窒素出納がある。
    ・正の窒素出納 摂取した窒素>排出された窒素 体たんぱく質増加
    ・負の窒素出納 摂取した窒素<排出された窒素 体たんぱく質減少

     

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事