コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 36-92 更年期の女性にみられる生理的変化に関する記述である。

36-92 更年期の女性にみられる生理的変化に関する記述である。

スポンサーリンク


36-92 更年期の女性にみられる生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 黄体形成ホルモン(LH)分泌量は、減少する。

⑵ 卵胞刺激ホルモン(FSH)分泌は、亢進する。

⑶ 一酸化窒素合成は、亢進する。

⑷ 骨形成は、骨吸収を上回る。

⑸ 血中 LDL コレステロール値は、低下する。

解答・解説を見る

 

⑴ 黄体形成ホルモン(LH)分泌量は、増加する。

★閉経後に分泌が低下するホルモン
→卵胞ホルモン、エストロゲン

★閉経後に分泌が増加するホルモン
→卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン

⑵ 卵胞刺激ホルモン(FSH)分泌は、亢進する。

⑶ 一酸化窒素合成は、低下する。

⑷ 骨形成は、骨吸収を下回る

更年期では、骨吸収抑制作用を有するエストロゲンの分泌低下により、骨形成が骨吸収を下回る。

エストロゲンの分泌が低下する閉経後では骨粗鬆症のリスクが高まる。

⑸ 血中 LDL コレステロール値は、上昇する。

エストロゲンには、LDLコレステロール低下作用があるが、閉経後はエストロゲン分泌低下により、LDLコレステロールが増加する。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事