コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 36-91 成長期に関する記述である。

36-91 成長期に関する記述である。

スポンサーリンク


36-91 成長期に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 幼児身体発育曲線で、 3 歳児の身長を評価する場合は、仰臥位で測定した値を用いる。

⑵ カウプ指数による肥満判定の基準は、 1 ~ 3 歳で同じである。

⑶ カルシウムの 1 日当たりの体内蓄積量は、男女ともに 12~14 歳で最も多い。

⑷ 永久歯が生えそろうのは、 7 ~ 9 歳である。

⑸ 基礎代謝基準値(kcal/kg 体重/日)は、思春期が幼児期より高い。

解答・解説を見る

 

⑴ 幼児身体発育曲線で、 3 歳児の身長を評価する場合は、立位で測定した値を用いる。

2歳未満の場合は、仰臥位で測定した値を用いる。

⑵ カウプ指数による肥満判定基準は、男女で一緒であるが、年齢によって異なる

⑶ カルシウムの 1 日当たりの体内蓄積量は、男女ともに 12~14 歳で最も多い。

⑷ 永久歯が生えそろうのは、12~14歳である。

⑸ 基礎代謝基準値(kcal/kg 体重/日)は、思春期が幼児期より低い

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事