コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 36-95 85 歳、女性。身長 148 cm、体重 38 kg、BMI 17.3 kg/m²。食事は自立している。塩味を感じにくくなり、濃い味を好むようになった。

36-95 85 歳、女性。身長 148 cm、体重 38 kg、BMI 17.3 kg/m²。食事は自立している。塩味を感じにくくなり、濃い味を好むようになった。

スポンサーリンク


36-95 85 歳、女性。身長 148 cm、体重 38 kg、BMI 17.3 kg/m²。食事は自立している。塩味を感じにくくなり、濃い味を好むようになった。この 3 か月は、食事中にむせることが増え、食欲が低下し、体重が 2 kg 減少。歩行速度の低下もみられる。この女性の栄養アセスメントの結果である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ エネルギー量は、充足している。

⑵ 除脂肪体重は、増加している。

⑶ 筋力は、維持している。

⑷ 嚥下機能は、低下している。

⑸ 塩味の閾値は、低下している。

解答・解説を見る

 

⑴ エネルギー量は、充足していない。:BMI 17.3 kg/m²かつ体重減少がみられることからエネルギー量は欠乏していると考えられる。

⑵ 除脂肪体重は、減少している可能性が高い。:「歩行速度の低下もみられる。」より、徐脂肪体重は減少している可能性がある。

⑶ 筋力は、低下している::「歩行速度の低下もみられる。」より、筋力が低下している可能性がある。

⑷ 嚥下機能は、低下している。:食事中にむせることが増えていることから、嚥下機能は低下していると思われる。

⑸ 塩味の閾値は、上昇している。:「塩味を感じにくくなり、濃い味を好むようになった。」ことから、塩味の閾値は上昇していると考えられる。

加齢に伴って塩味の閾値が上昇し、濃い味を好むようになる傾向がある。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事