ホーム » 投稿 » 36-86 加齢に伴う体水分量の変化とその調整に関する記述である。

36-86 加齢に伴う体水分量の変化とその調整に関する記述である。

スポンサーリンク


36-86 加齢に伴う体水分量の変化とその調整に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 体重に対する細胞外液量の割合は、新生児が成人より高い。

⑵ 体重に対する細胞内液量の割合は、高齢者が成人より高い。

⑶ 体重 1 kg 当たりの不感蒸泄量は、乳児が成人より少ない。

⑷ 体重 1 kg 当たりの水分必要量は、幼児が成人より少ない。

⑸ 口渇感は、高齢者が成人より鋭敏である。

解答・解説を見る

 

⑴ 体重に対する細胞外液量の割合は、新生児が成人より高い。

⑵ 体重に対する細胞内液量の割合は、高齢者が成人より低い

加齢に伴い、細胞内内液量は減少する。

⑶ 体重 1 kg 当たりの不感蒸泄量は、乳児(約50ml/kg/日)が成人(5ml/kg/日)より多い

⑷ 体重 1 kg 当たりの水分必要量は、幼児(90~100ml)が成人(40~50mL)より多い

⑸ 口渇感は、高齢者が成人より鈍感である。

 

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事