コンテンツへスキップ

33-119 栄養素とその欠乏の評価に用いる臨床検査項目の組合せである。

    スポンサーリンク


    33-119 栄養素とその欠乏の評価に用いる臨床検査項目の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1)たんぱく質―――尿中ケトン体
    (2)ビタミンB1―――プロトロンビン時間
    (3)ビタミンC―――尿中ビリルビン
    (4)カルシウム―――血清トリグリセリド
    (5)鉄―――――――血清フェリチン

    解答・解説を見る
    (1)たんぱく質の欠乏の評価に用いる臨床検査項目には、血清アルブミンがある。

    たんぱく質欠乏は、クワシオルコル(kwashiorkor, カシオコア)の原因となる。

    (2)ビタミンB1欠乏の評価用にいる臨床検査項目には、血清ビタミンB1濃度がある。

    ビタミンB1欠乏は、脚気を引き起こす。

    (3)ビタミンC欠乏の評価に用いる臨床検査項目には、血清ビタミンC (アスコルビン酸)がある。

    ビタミンC欠乏は、壊血病を引き起こす。

    (4)カルシウム欠乏の評価に用いる臨床検査項目には、血清カルシウム尿中カルシウムなどがある。

    (5)鉄―――――――血清フェリチン

    フェリチンは、貯蔵鉄の機能を持っている。鉄欠乏では、すみやかに低下するため鉄欠乏状態の早期発見に有効である。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事