26-82 脂質の体内代謝に関する記述である。


スポンサーリンク

26-82 脂質の体内代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) ケトン体は、肝臓でエネルギー源として利用される。
(2) 血中の遊離脂肪酸は、アルブミンに結合して運搬される。
(3) インスリンは、ホルモン感受性リパーゼの働きを促進する。
(4) コレステロールは、エネルギー源として利用される。
(5) LDLは、トリアシルグリセロールを含有していない。

解答・解説を見る

(1) ケトン体は、筋肉や脳でエネルギー源として利用される。

(2) 血中の遊離脂肪酸は、アルブミンに結合して運搬される。

(3) インスリンは、ホルモン感受性リパーゼの働きを抑制する。

(4) コレステロールは、エネルギー源として利用されない

 コレステロールは、細胞膜の構成成分やホルモンの材料となる。

(5) LDLは、トリアシルグリセロールをわずかに含有している。

 ・トリアシルグリセロールを最も多く含むのは、キロミクロンである。(TG含量多い順:キロミクロン>VLDL>LDL>HDL)
 ・LDL、VLDLは、肝臓で作られる。
 ・キロミクロンは、小腸で作られる。

問題・解説についてのお問い合わせ