コンテンツへスキップ

27-25 糖質の代謝に関する記述である。

    スポンサーリンク


    25 糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

    (1) グルカゴンは、グリコーゲン分解を抑制する。
    (2) グルコース-6-ホスファターゼは、解糖系の律速酵素である。
    (3) アセチルCoAは、ピルビン酸と反応してクエン酸回路に入る。
    (4) グリコーゲンが加リン酸分解されると、グルコース1-リン酸が生成する。
    (5) ペントースリン酸回路は、ペントースリン酸を分解するための代謝経路である。

    解答・解説を見る

    (1) グルカゴンは、グリコーゲン分解を促進する。

     グルカゴンは、グリコーゲン分解を促進することによって血糖を上昇させる。

     インスリンは、グリコーゲン合成を促進し、血糖を低下させる。

    (2) グルコース-6-ホスファターゼは、糖新生に関与する酵素

     グルコース-6-ホスファターゼは、グルコース6リン酸をグルコースにする。また、グルコース-6-ホスファターゼは、肝臓や腎臓に存在する。

    (3) アセチルCoAは、オキサロ酢酸と反応してクエン酸回路に入る。

    (4) グリコーゲンが加リン酸分解されると、グルコース1-リン酸が生成する。

     グリコーゲングルコース-1-リン酸グルコース-6-リン酸グルコース

    (5) ペントースリン酸回路は、ペントースリン酸を合成するための代謝経路である。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    関連記事