32-16 介護保険制度に関する記述である。

スポンサーリンク

32-16 介護保険制度に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)被保険者は、20歳以上の者である。
(2)手すりの取付けの住宅改修は、給付対象になる。
(3)予防給付の対象者は、要介護1、要介護2に該当する者である。
(4)利用するサービスは、利用者自身が選択・決定できない。
(5)管理栄養士による居宅療養管理指導料は、医師の指示なく算定できる。

解答・解説を見る

(1)被保険者は、40歳以上の者である。

 65歳以上の者は第一号被保険者、40~64歳の者は、第二号被保険者である。

(2)手すりの取付けの住宅改修は、給付対象になる。

(3)予防給付の対象者は、要支援1・要支援2に該当する者である。

 要介護1~5の者に対しては、介護給付が行われる。

(4)利用するサービスは、利用者自身が選択・決定できる。

(5)管理栄養士による居宅療養管理指導料は、医師の指示なく算定できない。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント