32-12 予防接種法による定期予防接種に関する記述である。

スポンサーリンク

32-12 予防接種法による定期予防接種に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)都道府県が実施主体として行う。
(2)65歳以上の者のインフルエンザ予防接種は、努力義務である。
(3)小児の肺炎球菌予防接種は、努力義務である。
(4)風しんの初回接種は、中学校1年生に相当する年齢時に行う。
(5)結核のワクチン(BCG)は、不活化ワクチンである。

解答・解説を見る

(1)市町村が実施主体として行う。

(2)65歳以上の者のインフルエンザ予防接種は、努力義務はない。
 予防接種には、A類とB類にわけられるが、A類には努力義務がある。
 65歳以上の者のインフルエンザや、肺炎球菌の予防接種は、B類に含まれ、努力義務はない。

(3)小児の肺炎球菌予防接種は、努力義務である。

(4)風しんの第三期の接種は、中学校1年生に相当する年齢時に行う。

(5)結核のワクチン(BCG)は、生ワクチンである。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント