32-5 ある地域の40歳以上の男性を対象としたコホート研究において…

スポンサーリンク

32-5 ある地域の40歳以上の男性を対象としたコホート研究において、喫煙群と非喫煙群を各々20万人年観察し、疾患A、Bの罹患者の人数を調査した結果を表にまとめた。喫煙と疾患Aおよび疾患Bとの関連に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

図:厚生労働省「第32回管理栄養士国家試験 問題(午前の部)」より引用

(1)4万人を5年間追跡した場合と、5万人を4年間追跡した場合の観察人年は同じである。
(2)喫煙による疾患Aの相対危険は、0.10である。
(3)喫煙による相対危険は、疾患Aより疾患Bが大きい。
(4)喫煙群における罹患者数は、疾患Bより疾患Aで多い。
(5)禁煙による寄与危険は、疾患Aより疾患Bが大きい。

解答・解説を見る

図:厚生労働省「第32回管理栄養士国家試験 問題(午前の部)」より引用

(1)4万人を5年間追跡した場合と、5万人を4年間追跡した場合の観察人年は同じである。

 観察人年(=人数×年数)は、どちらも20万人年である。 

(2)喫煙による疾患Aの相対危険は、10.0である。

 「相対危険」=曝露(喫煙)の有無による疾病頻度の比
*計算式=喫煙群の疾患Aのリスク÷非喫煙群の疾患Aのリスク
⇒(600/200,000)÷(60/200,000)=10.0

(3)喫煙による相対危険は、疾患A(10.0)より疾患B(2.0)が小さい。

 疾患Aの相対危険は、10.0
疾患Bの相対危険は、2.0
*計算式:(1,200/200,000)÷(600/200,000)

(4)喫煙群における罹患者数は、疾患B(1,200)より疾患A(600)で少ない。

●喫煙群の罹患者数
疾患B=1,200
疾患A=600

(5)禁煙による寄与危険は、疾患Aより疾患Bが小さい。

 「寄与危険」=曝露の有無による疾病頻度の差

32-5 ある地域の40歳以上の男性を対象としたコホート研究において…” への4件のフィードバック

  1. 正しいのはどれか。2つ選べ。とありますが、正しいのは2つではないのでしょうか?

    1. この問題は、正しいものを2つ選ぶ問題ですが、正しいものが1つしかないということで実際の試験では解無しの不適切問題として扱われています。
      説明不足で申し訳ありません。

コメント