32-7 身体活動・運動に関する記述である。

スポンサーリンク

32-7 身体活動・運動に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)健康づくりのための身体活動基準2013では、小児の身体活動の基準値が示されている。
(2)3メッツ以上の身体活動でなければ、健康に対する効果は得られない。
(3)身体活動・運動は、結腸がんのリスクを低減する。
(4)身体活動・運動は、骨格筋のインスリン抵抗性を高める。
(5)身体活動・運動は、HDL-コレステロール値を低下させる。

解答・解説を見る

(1)健康づくりのための身体活動基準2013では、18~64歳の身体活動の基準値が示されている。

(2)3メッツ以上の身体活動でなくても、健康に対する効果は得られる。

 特に高齢者では、メッツ強度の高い運動は身体への負担が大きいため、メッツの強度関係なく定期的な身体活動による体力の維持向上を勧めている。

(3)身体活動・運動は、結腸がんのリスクを低減する。

(4)身体活動・運動は、骨格筋のインスリン抵抗性を改善する。

 インスリン性抵抗性…インスリン分泌があってもそれに見合った血糖低下作用が得られない状態。

​(5)身体活動・運動は、HDL-コレステロール値を増加させる。

 参考:「健康づくりのための身体活動基準2013」及び「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」について

コメント