32-109 小学校において、1年生が正しく著を使えるようになることをねらいとした、食に関する指導を実施することとなった。

スポンサーリンク

32-109 小学校において、1年生が正しく著を使えるようになることをねらいとした、食に関する指導を実施することとなった。ねらいに合った環境目標である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)ランチルームに置く、箸のサイズの種類を増やす。
(2)自宅でも、正しく箸を使う児童を増やす。
(3)給食で、地場産物を活用した献立を増やす。
(4)縦割り給食で、1年生に箸の持ち方を教える上級生を増やす。
(5)箸の使い方のマナーを、知っている児童を増やす。

解答・解説を見る

 一年生が正しく箸を使えるような環境を整えるための目標であることがポイントである。

(1)ランチルームに置く、箸のサイズの種類を増やす。

 →箸のサイズの種類を増やすことで、児童それぞれにあった箸を使うことができ環境目標として正しい。

(2)自宅でも、正しく箸を使う児童を増やす。

 →正しく箸を使うことが、目標である。環境目標として適切な形に直すとすれば、「自宅でも両親から正しい箸の使い方を教えられる児童の数を増やす」等が考えられる。

(3)給食で、地場産物を活用した献立を増やす。

 →地場産物の利用と正しい箸の使い方は関係しない。

(4)縦割り給食で、1年生に箸の持ち方を教える上級生を増やす。

 →上級生から箸の使い方を教えてもらえるような環境をつくることは環境目標として正しい。

(5)箸の使い方のマナーを、知っている児童を増やす。

 →学習目標であり、箸が使えることとはあまり関係しない。

コメント