32-104 妊娠初期の妊婦に対する栄養カウンセリングの初回面接である。



スポンサーリンク

32-104 妊娠初期の妊婦に対する栄養カウンセリングの初回面接である。行動変容の準備性を確認する管理栄養士の発言である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)今朝、朝食に何を召し上がりましたか。
(2)食事調査の結果をご覧になって、どう思われましたか。
(3)ご家族は、食事について、どのようにおっしゃっていますか。
(4)今日お話した内容について、何か質問がありますか。

解答・解説を見る

(1)今朝、朝食に何を召し上がりましたか。

 対象者の食事内容を知るための質問であり、行動変容の準備性を確認する言葉としてはあまり適切とは言えない。

(2)食事調査の結果をご覧になって、どう思われましたか。

 この質問では、対象者の関心の度合いを知ることができる。
 「どうも思いませんでした」→無関心期
 「問題点はわかってますが、何からすればよいかわかりません。」→関心期
 「食べ過ぎみたいなので、間食を減らしてみようと思います。」→準備期
 など…

(3)ご家族は、食事について、どのようにおっしゃっていますか。

 対象者自身ではなく、その家族に対する質問であり適切とは言えない。

(4)今日お話した内容について、何か質問がありますか。

 例えば
 対象者が、「特に何もありません」と答えた場合。まだ行動を変えようとしている可能性は低く、行動変容の準備性はあまりないと思われる。
  しかし、もしも何か食生活等に関して質問があれば、その行動を実際に起こそうとしている可能性が高い。

32-104 妊娠初期の妊婦に対する栄養カウンセリングの初回面接である。” への2件のフィードバック

  1. 厚生労働省の答えは2となっています。

    1. 申し訳ございません。すぐに訂正させていただきます。お教え下さり有難う御座います。m(__)m

コメント