32-102 イノベーション普及理論によれば、イノベーションの普及には、相対的優位性、適合性、わかりやすさ(複雑性)、試行可能性、可観測性の5つの条件が関係する。

スポンサーリンク

32-102 イノベーション普及理論によれば、イノベーションの普及には、相対的優位性、適合性、わかりやすさ(複雑性)、試行可能性、可観測性の5つの条件が関係する。管理栄養士が新たに作成した離乳食メニュー集を、速やかに普及させるために、相対的優位性を活用した内容である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)メニュー集を使って試作した人の例を、SNSで公開する。
(2)メニュー集を使った離乳食教室への参加を呼びかける。
(3)よく使う調理器具で作れることをアピールする。
(4)これまでの離乳食よりも、経済的に作れることをアピールする。
(5)時間のある時に作り置きし、保存する方法を説明する。

解答・解説を見る

相対的優位性とは、言葉の通り何かと比べてそれが優れていると認識される程度のことである。

離乳食メニューを集を普及させるために、以前の物や他のメニュー集など他の物と比較することによって
そのメニュー集が優れていることをアピールすることができる。

 相対的優位性が高い=以前のものより何か優れている

よって正しいのは、

(4)これまでの離乳食よりも、経済的に作れることをアピールする。

であると考えられる。

コメント