32-114 個人の健康行動に作用する要因を生態学的モデルで捉えると、個人内、個人間、組織、地域、政策といった多層のレベルがある。

スポンサーリンク

32-114 個人の健康行動に作用する要因を生態学的モデルで捉えると、個人内、個人間、組織、地域、政策といった多層のレベルがある。大学生対象の適正飲酒の取組と、生態学的モデルの各レベルの組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)学生が、サークルの先輩から適度な飲酒量の話を聞いた。
——- 個人内レベル
(2)学生が、配布された急性アルコール中毒に関するパンフレットを読んだ。
—————– 個人間レベル
(3)入学式の季節に、全学部でアルコール中毒防止のガイダンスを行った。
—————– 組織レベル
(4)大学構内での飲酒が、学則により全面的に禁止された。
——— 地域レベル
(5)大学周辺の飲食店が急性アルコール中毒防止のポスター掲示に協力した。
——————– 政策レベル

解答・解説を見る
(1)学生が、サークルの先輩から適度な飲酒量の話を聞いた。
——- 個人間レベル

(2)学生が、配布された急性アルコール中毒に関するパンフレットを読んだ。
—————– 個人内レベル

(3)入学式の季節に、全学部でアルコール中毒防止のガイダンスを行った。
—————– 組織レベル

(4)大学構内での飲酒が、学則により全面的に禁止された。
——— 組織レベル

(5)大学周辺の飲食店が急性アルコール中毒防止のポスター掲示に協力した。
——————– 地域レベル

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント