25-36 消化管ホルモンに関する記述である。


スポンサーリンク

25-36 消化管ホルモンに関する記述である。正しいのはどれか。

(1) セクレチンは、胃酸分泌を促進する。
(2) ソマトスタチンは、胆のう収縮を促進する。
(3) コレシストキニンは、膵酵素の分泌を促進する。
(4) ガストリンは、空腸のS細胞から分泌される。
(5) インクレチンは、インスリン分泌を抑制する。

解答・解説を見る

(1) セクレチンは、胃酸分泌を抑制する。
 セクレチンは、胃酸の分泌を抑制する作用の他に、胃の運動抑制、小腸の運動抑制作用がある。
 胃酸の分泌を促進するのはガストリンである。

(2) コレシストキニンは胆のう収縮による胆汁排泄を促進する。ソマトスタチンは、胆のう収縮を促進しない。
 ソマトスタチンは、脳の視床下部、膵臓のランゲルハンス島D細胞、胃粘膜のD細胞などから分泌されるホルモンでガストリンやセクレチン、インスリン、グルカゴンなどの各種ホルモンの分泌を抑制し、消化管の機能を全体的に抑制させる作用がある。

(3) コレシストキニンは、膵酵素の分泌を促進する。
 コレシストキニンは十二指腸粘膜M細胞から分泌されるホルモンである。コレシストキニンには、膵液の分泌を促進する作用と、胆のう収縮促進によって胆汁の分泌を促す作用がある。

(4) ガストリンは、胃前庭部のG細胞から分泌される。
 ガストリンには、胃の運動促進、ペプシンや塩酸の分泌促進などの働きがある。

(5) インクレチンは、インスリン分泌を促進する。
 インクレチンは、十二指腸から分泌されるホルモンである。

問題・解説についてのお問い合わせ