30-156 近年小児肥満が増加しているA市では、小児肥満者の割合を減らす公衆栄養プログラムを実施することになった。



スポンサーリンク

30-156 近年小児肥満が増加しているA市では、小児肥満者の割合を減らす公衆栄養プログラムを実施することになった。その背景として抽出された4つの課題のうち、行政が最初に取り組むべきものとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。
(1)保護者が適切なおやつの量を知らない。
(2)保健センター、保健所、学校間の連携が取れていない。
(3)公共交通機関が整備されていないため、車に依存している。
(4)冬の積雪量が多く、外での身体活動量が少ない。

解答・解説を見る

正しいのは(2)保健センター、保健所、学校間の連携が取れていない。


*まず第一に、 「小児肥満の割合を減らす」 という目標を達成するためには、保健センター、保健所、学校間などの幅広い関係者の協力と健康支援体制の整備が重要である。
このような連携が保たれている中で、行政は総合的な視点に立ち、他分野との協力体制を整えていく必要がある。

*公衆栄養プログラムの目的
 対象の地域や集団の健康・栄養上の問題を解決し、QOLや健康レベルを向上させること。

コメント