ホーム » 投稿 » 28-38 循環器系の構造と機能に関する記述である。

28-38 循環器系の構造と機能に関する記述である。

スポンサーリンク


28-38 循環器系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 心拍出量は、成人で安静時に約5L/分である。
(2) 肺動脈を流れる血液は、動脈血である。
(3) 左心室の壁厚は、右心室の壁厚よりも薄い。
(4) 副交感神経の興奮により、心拍数は増加する。
(5) 血圧が上昇すると、レニンの分泌が増加する。

解答・解説を見る

(1) 心拍出量は、成人で安静時に約5L/分である。

(2) 肺動脈を流れる血液は、静脈血である。

(3) 左心室の壁厚は、右心室の壁厚よりも厚い。

(4) 交感神経の興奮により、心拍数は増加する。

(5) 血圧が低下すると、レニンの分泌が増加する。

参考:レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系

raas

 

スポンサーリンク


関連記事