27-62 かび毒に関する記述である。



スポンサーリンク

62 かび毒に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) デオキシニバレノールは、小麦に基準値が設定されている。
(2) アフラトキシンBlは、75℃の加熱により分解することができる。
(3) アフラトキシンBlは、主に牛肉で検出されている。
(4) パツリンは、柑橘類の腐敗菌が産生する。
(5) 黄変米のかび毒は、フザリウム属の繁殖が原因である。


(1)正しい
(2)アフラトキシンB1は270℃以上の加熱が必要である。
(3)アフラトキシンB1は主にピーナッツなどのナッツ類で検出されている。
(4)バツリンはリンゴやブドウ、モモなどの腐敗菌が産生し、ビタミンCによって分解される。
(5)黄変米のカビ毒はペニシリウム属の繁殖が原因である。