27-59 鮮度・腐敗・酸敗に関する記述である。


スポンサーリンク

59 鮮度・腐敗・酸敗に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 揮発性塩基窒素量は、サメの鮮度指標に用いる。
(2) 初期腐敗とみなすのは、食品1g中の生菌数が103~104個に達したときである。
(3) 酸価は、油脂の加水分解により生成する二酸化炭素量を定量して求める。
(4) K値は、ATPの分解物を定量して求める。
(5) トリメチルアミン量は、食肉の鮮度指標に用いる。

解答・解説を見る

(1)揮発性塩基窒素症は魚や肉の鮮度指標に用いられている。

(2)初期腐敗と見なすのは1×10. 8. /gを超えたときである。

(3)酸化は油脂の加水分解により生成する遊離脂肪酸の量を定量して求める。

(4)K値は、ATPの分解物を定量して求める。

(5)トリメチルアミン量は魚の鮮度指標に用いる。

問題・解説についてのお問い合わせ