27-50 感染症に関する記述である。


スポンサーリンク


27-50 感染症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) エイズ(AIDS)では、CD4陽性リンパ球が増加する。
(2) 妊婦の麻疹感染は、胎児奇形を生じやすい。
(3) 腸管出血性大腸菌の感染の有無は、ツベルクリン反応で調べる。
(4) マイコプラズマ肺炎は、ウイルス感染症である。
(5) メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は、院内感染の原因となる。

解答・解説を見る

(1) エイズ(AIDS)では、CD4陽性リンパ球が減少する。

(2) 妊婦の風疹感染は、胎児奇形を生じやすい。

(3) 腸管出血性大腸菌の感染の有無は、ベロ毒素を免疫学的に検出する方法と便を用いて原因菌を調べるものがある。
(ツベルクリン反応で調べられるのは結核の検査である。)

(4) マイコプラズマ肺炎は、ウイルスではなく肺炎マイコプラズマによる感染である。

(5) メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は、院内感染の原因となる。


お問い合わせはこちら