27-42 認知症およびパーキンソン病に関する記述である。


スポンサーリンク

27-42 認知症およびパーキンソン病に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) アルツハイマー型認知症では、まだら認知症がみられる。
(2) 脳血管性認知症では、早期に人格障害がみられる。
(3) 脳血管性認知症では、情動(感情)失禁がみられる。
(4) パーキンソン病の主な病変部位は、側頭葉である。
(5) パーキンソン病では、片麻痺がみられる。

解答・解説を見る

(1) 脳血管性認知症では、まだら認知症がみられる。

(2) 脳血管性認知症では、人格障害はみられない。

(3) 脳血管性認知症では、情動(感情)失禁がみられる。

(4) パーキンソン病の主な病変部位は、中脳黒質である。

((5) パーキンソン病では、安静時振戦や無動、姿勢反射障害などがみられる。


2017 12/8 記事の一部を訂正いたしました。ご指摘ありがとうございました。

問題・解説についてのお問い合わせ