27-22 核酸および遺伝子に関する記述である。


スポンサーリンク


31-22 核酸および遺伝子に関する記述である。正しいのはどれか。lつ選べ。

(1) ポリヌクレオチドは、糖とリン酸分子が交互に結合した構造をもつ。
(2) 転写は、DNAポリメラーゼによって触媒される。
(3) 分枝アミノ酸は、それぞれ1つのコドンによって指定される。
(4) 翻訳は、DNAを鋳型とするtRNA合成の過程である。
(5) mRNAは、アンチコドンをもつ。

解答・解説を見る

(1) ポリヌクレオチドは、糖とリン酸分子が交互に結合した構造をもつ。

(2) 転写は、RNAポリメラーゼによって触媒される。

(3) 1つのコドンによって指定されているアミノ酸は、メチオニンとトリプトファンのみである。

(4) 翻訳は、塩基配列がコピーされたmRNAによるたんぱく質の合成反応。

(5) tRNAは、アンチコドンをもつ。


お問い合わせはこちら