27-40 内分泌疾患に関する記述である。


スポンサーリンク


27-40 内分泌疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) パセドウ病では、血清甲状腺刺激ホルモン(TSH)値が上昇する。
(2) 原発性アルドステロン症では、血漿レニン活性が上昇する。
(3) クッシング症候群では、糖新生が充進する。
(4) 甲状腺機能低下症では、血清コレステロール値が低下する。
(5) 先端巨大症では、血清成長ホルモン(GH)値が低下する。


(1) パセドウ病では、血清甲状腺刺激ホルモン(TSH)値が低下する。
(2) 原発性アルドステロン症では、血漿レニン活性が低下する。
(3) ○
(4) 甲状腺機能低下症では、血清コレステロール値が上昇する。
(5) 先端巨大症では、血清成長ホルモン(GH)値が増加している。


お問い合わせはこちら