27-32 運動療法が適応となる症例である。



スポンサーリンク

27-32 運動療法が適応となる症例である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 空腹時血糖400 mg/dLの1型糖尿病
(2) 収縮期血圧200 mmHgの妊娠高血圧症候群
(3) 尿ケトン体強陽性の2型糖尿病
(4) 血清クレアチニン値10 mg/dLの慢性腎不全
(5) 血清トリグリセリド値230 mg/dLの肥満(l度)の肥満症


(1) 空腹時血糖400 mg/dLの1型糖尿病では、まず先にインスリン療法を行う。
(2) 収縮期血圧200 mmHgの妊娠高血圧症候群では、運動療法ではなく安静にすることを優先する。
(3) 尿ケトン体強陽性の2型糖尿病では運動療法は適応にならない。
(4) 血清クレアチニン値10 mg/dLの慢性腎不全では、透析療法を行う。
(5)○