27-35 咀嚼・嚥下に関与する器官の構造・機能に関する記述である。



スポンサーリンク

27-35 咀嚼・嚥下に関与する器官の構造・機能に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。
(1) 口峡は、歯列よりも口唇側の領域である。
(2) 耳下腺は、咽頭に開口する。
(3) 喉頭蓋は、嚥下時に気管を閉鎖する。
(4) 舌咽神経は、舌の運動を支配する。
(5) 側頭筋は、咀嚼筋の1つである。

解答・解説を見る

(1) 口峡は、口腔と咽頭の間にある。

(2) 耳下腺は、頬粘膜に開口する。

(3) 喉頭蓋は、嚥下時に気管を閉鎖する。

(4) 舌下神経は、舌の運動を支配する。舌咽神経は下の後1/3の味覚や嚥下運動に関与する。

(5) 側頭筋は、咀嚼筋の1つである。