27-45 骨粗鬆症に関する記述である。


スポンサーリンク


27-45 骨粗鬆症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 低カルシウム血症となる。
(2) 肥満はリスク因子である。
(3) ビタミンE欠乏はリスク因子である。
(4) 膝関節の腫脹がみられる。
(5) 高齢者の身長低下の原因となる。


(1) 血中カルシウム濃度は変化しない。
(2) 肥満ではなく、やせがリスク因子である。
(3) ビタミンKやDの欠乏がリスク因子となる。
(4) 膝関節の腫脹がみられる病気は変形膝関節症など。
(5) ○


お問い合わせはこちら