27-23 酵素に関する記述である。



スポンサーリンク

23 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) アミラーゼは、酸化還元酵素である。
(2) HMG-CoA還元酵素は、アセチルCoAによってフィードバック阻害をうける。
(3) フェニルアラニン水酸化酵素は、チロシンからフェニルアラニンを生成する。
(4) アンギオテンシン変換酵素は、プロテインキナーゼである。
(5) α-グルコシダーゼは、加水分解酵素である。

解答・解説を見る

(1) アミラーゼは、加水分解酵素である。

 同じ加水分解酵素として、α-グルコシダーゼがあります。

<メモ>
 酸化:酸素とくっつく。(電子を失う)
 還元:酸素が持っていかれる。(電子を受け取る)

(2) HMG-CoA還元酵素は、コレステロールによってフィードバック阻害をうける。

 HMG-CoA還元酵素:コレステロール生合成の律速酵素。

(3) フェニルアラニン水酸化酵素は、フェニルアラニンからチロシンを生成する。

フェニルアラニン → チロシン
(フェニルアラニン水酸化酵素)

(4) アンギオテンシン変換酵素は、加水分解酵素である。

(5) α-グルコシダーゼは、加水分解酵素である。