27-36 循環の調節機序に関する記述である。


スポンサーリンク


27-36 循環の調節機序に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 血管運動中枢は、脊髄に存在する。
(2) 心拍数は、頚動脈洞マッサージにより増加する。
(3) 末梢血管抵抗は、血液粘性の増加により低下する。
(4) パソプレシンは、血管収縮作用がある。
(5) セロトニンは、血管拡張作用がある。


(1) 血管運動中枢は、延髄に存在する。
(2) 心拍数は、頚動脈洞マッサージにより低下する。
(3) 末梢血管抵抗は、血液粘性の増加により上昇する。
(4)○
(5) セロトニンは、血管収縮作用がある。


お問い合わせはこちら