24-32 核酸・遺伝子に関する記述である。


24-32 核酸・遺伝子に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) 成熟mRNA(伝令RNA)で遺伝情報を含む部分は、イントロンである。
(2) ヌクレオシド(nucleoside)は、リン酸をもつ。
(3) DNAからmRNA(伝令RNA)への伝写は、DNAポリメラーゼによる。
(4) 活性型ビタミンDは、遺伝子発現を調節する。
(5) DNA分子中のチミンに対応する相補的塩基は、アラニンである。

解答・解説を見る
(1) 成熟mRNA(伝令RNA)で遺伝情報を含む部分は、エキソンである。

(2) ヌクレオチド(nucleotide)は、リン酸をもつ。

(3) DNAからmRNA(伝令RNA)への伝写は、RNAポリメラーゼによる。

(4) 活性型ビタミンDは、遺伝子発現を調節する。

(5) DNA分子中のチミンに対応する相補的塩基は、 アデニンである。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント