コンテンツへスキップ

24-38 咀嚼・嚥下に関する記述である。

    スポンサーリンク


    24-38 咀嚼・嚥下に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

    a 咀嚼の下顎運動には、三叉神経が関与する。
    b 喉頭は、鼻腔と上咽頭の間に存在する。
    c 嚥下運動には、喉頭期がある。
    d 肺炎の原因に、不顕性誤嚥がある。
    (1) ab  (2) ac  (3) ad  (4) bc  (5) cd

    解答・解説を見る

    a 咀嚼の下顎運動には、三叉神経が関与する。

    b 喉頭は、鼻腔と上咽頭の後ろに存在する。

    c 嚥下運動には、①先行期、②準備期、③口腔期、④咽頭期、⑤食道期がある。

    d 肺炎の原因に、不顕性誤嚥がある。

    (1) ab  (2) ac  (3) ad  (4) bc  (5) cd

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事