24-27 代謝とその調節に関する記述である。



スポンサーリンク

24-27 代謝とその調節に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) アロステリック効果は、基質結合部位へのリガンドの結合によって生じる。
(2) HMG-CoA還元酵素は、アセチルCoAによるフィードバック制御をうける。
(3) アイソザイムは、同一反応を触媒するが構造の異なる酵素である。
(4) リポたんぱく質リパーゼは、インスリンによって抑制される。
(5) グリコーゲン合成酵素は、アドレナリンによって活性化される。

解答・解説を見る

(1) アロステリック効果は、基質結合部位以外へのリガンドの結合によって生じる。

(2) HMG-CoA還元酵素は、コレステロールによるフィードバック制御をうける。

(3) アイソザイムは、同一反応を触媒するが構造の異なる酵素である。

(4) リポたんぱく質リパーゼは、インスリンによって促進される。

 インスリンによって抑制されるのは、ホルモン感受性リパーゼである。

(5) グリコーゲン合成酵素は、アドレナリンによって抑制される。

コメント