24-23 たんぱく質の構造に関する記述である。

スポンサーリンク

24-23 たんぱく質の構造に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) インスリンは、A鎖とB鎖の2本のペプチド鎖からなる。
(2) コラーゲンは、二重らせん構造をもつ。
(3) インスリン受容体は、7つの膜貫通領域をもつ。
(4) ヘモグロビンは、α鎖とβ鎖からなる2量体である。
(5) IgGは、各4本のL鎖とH鎖をもつ。

解答・解説を見る

(1) インスリンは、A鎖とB鎖の2本のペプチド鎖からなる。

(2) コラーゲンは、三重らせん構造をもつ。

(3) インスリン受容体は、1つの膜貫通領域をもつ。

 アドレナリン受容体は、7つの膜貫通領域をもつ。

(4) ヘモグロビンは、α鎖2本とβ鎖2本からなる4量体である。

(5) IgGは、各2本のL鎖とH鎖をもつ。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント