コンテンツへスキップ

24-29 糖質の代謝に関する記述である。

    スポンサーリンク


    24-29 糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。

    (1) インスリンは、骨格筋でグルコース輸送体(GLUT4)に作用する。
    (2) 骨格筋では、グリコーゲンがグルコースに変換される。
    (3) アセチルCoAは、リンゴ酸と反応してクエン酸回路に入る。
    (4) ぺントースリン酸回路は、ミトコンドリアに存在する。
    (5) アセチルCoAは、糖新生の基質となる。

    解答・解説を見る

    (1) インスリンは、骨格筋でグルコース輸送体(GLUT4)に作用する。

    インスリンは、骨格筋でグルコース輸送体(GLUT4)に作用すると、細胞膜にGLUT4が移動しグルコースを細胞内に取り込む

    (2) 肝臓では、グリコーゲンがグルコースに変換される。

     骨格筋には、グリコーゲンをグルコースに変換するための酵素(グルコース6-ホスファターゼ)がないため、グルコースに変換することはできない。

    (3) アセチルCoAは、オキサロ酸と反応してクエン酸回路に入る。

    (4) ぺントースリン酸回路は、細胞質に存在する。

    (5) アセチルCoAは、糖新生の基質とならない。

     糖新生の基質となるのは、乳酸、糖原性アミノ酸、ピルビン酸、グリセロールなどである。

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事