24-26 エネルギーとその変換に関する記述である。



スポンサーリンク

24-26 エネルギーとその変換に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

a グルコースの好気的代謝によって生じるATPは、嫌気的代謝よりも多い。
b 37.0℃の水50kgが、2,000kcalの熱量を吸収すると、水温は37.4℃になる。
c ヒトが生存・活動するためのエネルギーとして利用しているのは、熱エネルギーである。
d 呼気中の二酸化炭素分子には、摂取した水分子に由来する酸素原子が含まれる。
(1) aとb  (2) aとc  (3) aとd  (4) bとc  (5) cとd

解答・解説を見る

a グルコースの好気的代謝によって生じるATPは、嫌気的代謝よりも多い。
 グルコースの好気的代謝によって生じるATPは、38ATP。嫌気的代謝によって生じるATPは2ATPである。

b 37.0℃の水50kgが、20kcalの熱量を吸収すると、水温は37.4℃になる。

c ヒトが生存・活動するためのエネルギーとして利用しているのは、化学エネルギーである。

d 呼気中の二酸化炭素分子には、摂取した水分子に由来する酸素原子が含まれる。

(1) aとb  (2) aとc  (3) aとd  (4) bとc  (5) cとd

コメント