24-22 たんぱく質の構造と機能に関する記述である。

スポンサーリンク

24-22 たんぱく質の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) たんぱく質の変性とは、一次構造が破壊されることである。
(2) 補体は、補酸素として機能する。
(3) 受容体は、情報伝達物質の標的細胞に存在する。
(4) 酵素は、触媒する反応に必要なエネルギーを増大させる。
(5) 収縮たんぱく質は、それ自体の長さを短縮することで筋収縮を引き起こす。

解答・解説を見る

(1) たんぱく質の変性とは、一次構造以上の高次構造(二次構造や三次構造)が破壊されることである。

(2) 補体は、補酸素として機能しない。

 補体は、主に生体へ侵入した病原体の排除に関与する。補体は抗体によって活性化され、細胞膜の破壊を行う。

(3) 受容体は、情報伝達物質の標的細胞に存在する。

(4) 酵素は、触媒する反応に必要なエネルギーを減少させる。

(5) 収縮たんぱく質には、アクチンとミオシンがあり筋細胞中のアクチンフィラメントがミオシンフィラメントの中に滑り込むことによって収縮が起こる。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント