24-24 脂質に関する記述である。

スポンサーリンク

24-24 脂質に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) オレイン酸は、n-6系の一価不飽和脂肪酸である。
(2) エイコサペンタエン酸は、炭素数20の飽和脂肪酸である。
(3) アラキドン酸は、プロスタグランジンの前駆体となる。
(4) ホスファチジルコリンは、セリンをもつ。
(5) ビタミンAは、ステロイド骨格をもつ。

解答・解説を見る

(1) オレイン酸は、n-9系の一価不飽和脂肪酸である。

 n-6系の多価不飽和脂肪酸には、リノール酸とアラキドン酸がある。

(2) エイコサペンタエン酸は、炭素数20のn-3系多価不飽和脂肪酸である。炭素数は20、二重結合は5つである。

(3) アラキドン酸は、プロスタグランジンの前駆体となる。

(4) ホスファチジルセリンは、セリンをもつ。

(5) ステロイド骨格を持つビタミンは、ビタミンDである。

 他にも、胆汁酸やステロイドホルモンはステロイド骨格を持つ。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら

コメント