24-41 心筋の活動電位と筋収縮に関する記述である。


スポンサーリンク


24-41 心筋の活動電位と筋収縮に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

a 膜電位が興奮閾値に達すると、過分極する。
b 活動電位第2相(プラトー相)では、カルシウムイオンが心筋細胞内に流入する。
c 心筋細胞内のカルシウムオン濃度の上昇により、アクチンとミオシンが結合する。
d 活動電位第4相(静止膜電位)では、心筋は収縮している。

(1) aとb   (2) aとc  (3) aとd  (4) bとc  (5) cとd

解答・解説を見る
a 膜電位が興奮閾値に達すると、脱分極する。

b 活動電位第2相(プラトー相)では、カルシウムイオンが心筋細胞内に流入する。

c 心筋細胞内のカルシウムオン濃度の上昇により、アクチンとミオシンが結合する。

d 活動電位第4相(静止膜電位)では、心筋は弛緩している。

(1) aとb   (2) aとc  (3) aとd  (4) bとc  (5) cとd


お問い合わせはこちら



コメント